生け花の源流

生け花は、その淵源を飛鳥時代の文化に持っていますが、当時から花を特別視する傾向がありました。花は鑑賞するものであり、季節ごとに異なった楽しみ方があるというのも、日本の四季が育んできた文化だと言えます。日本人の感性は花によって磨かれ、万葉集や古今和歌集の優れた歌も、花の影響を強く受けています。日本における花が特別なのは、美的感性に留まりません。花に神の依り代を感得するのも特徴です。日本のアニミズムは花に限ったものではありませんが、正月の門松や、桜に対する審美眼を例にとっても、如何に花を大切にしてきたのかが分かります。  花と神との結びつきは、様々な慣習となって表れています。例えば、仏前に供花するのもその一つです。仏教が伝来したのは6世紀以降のことですが、それまでの花をめでる文化に影響されて、仏前供花が常習化しました。本来仏教においては蓮の花が主役なのですが、日本では蓮以外にも多くの旬の花が使用され、また供花の形式も独自の発展を遂げてきました。特に鎌倉時代以降は、花瓶、香炉、燭台といった形式が一般的となり、そこでは花が重要な位置を占めるのです。有名な「鳥獣人物戯画」にも、その模様が描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です