「ポジェ」素朴な野菜

フランス人は、生活の中に、お花を飾ることがとても好きな人種であるとも言われています。また、お花だけではなく、季節のお野菜などもアレンジして、お部屋の中のインテリアとして、飾ったりもするそうです。フランス語で、「ポタジェ」と言いますと、野菜畑を現し、のどかなフランスの農園などの風景を連想させますが、日本では、お花以外でもお野菜や果物などをアレンジメントに主に使うことを、「ポタジェ」などと呼ぶようになったようです。野菜や果物などを使ったフラワーアレンジメントは、フランス人の様々な発想力を用いて、お花野菜果物をメインに、身近なものから得たインスピレーションを表現する、とても素朴なアレンジメントになります。野菜や果物は、本来は食べるものではありますが、皆さんアレンジ次第で、様々な表情を見せる「ポジェ」は、フラワーアーティストたちの作品展などでも、素朴で風変わりなアレンジメントなどとして、多く見かけますが、ポジェのように自由度の高いアレンジこそ、際立った技術やスキルが必要になるなどとも言われています。 皆さんも、お好きな、お野菜、果物を季節ごとにオブジェとして飾ってみると、豊かな時間が生まれるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です